【服装】

山ガール山ボーイ、山ガール

山ボーイや山ガールの格好から入るのも、あながち間違ってはいません!

 登山用ウエアは実用的で、ストレッチが利いていて動きやすかったり、撥水加工やUVカット機能があったりととてもいいのです。

 今は特にカラフルでカワイイものがたくさんあるので、自分の好きなカラーで統一するのもいいですね!

 

必ず①〜③をそろえてからご参加ください!

 

★絶対に必要な装備① トレッキングシューズ

 高尾山でよく見かけるのが、ヒールやぺたんこパンプス。

 ムートンブーツで登っている人もいました!!

 遠足でも行ける山とはいえ、さすがにこれではケガをしても文句は言えません・・・。

 低山ではトレッキングシューズとまではいかないものの、せめてすべりにくいスニーカーを履いてきてください。

 続けて登って行くうちに、しっかりとしたトレッキングシューズが欲しくなってくるので、そのうち買うことになると思いますよ!

 

★絶対に必要な装備② ザック

 登山ではリュックサックと言わず、ザックと言います。

 これもまた高尾山で見るのですが、肩掛けのショルダーバッグ。

 一応両手は空いていますが、とっさに前方に手をついた場合、ショルダーバッグも前に流れて来るので邪魔になります。

 やはりザックが安定していていいでしょう。

 大きさは日帰り登山だったら20L、荷物が多い人なら25〜30Lです。

 私たちは日帰りの低い山をメインに登るので、本格的なごついザックは必要ないです!

 

★絶対に必要な装備③ レインウエア

 薄手の撥水加工のウエアでも小雨や通り雨なら対応できますが、山の天気は変わりやすいとよく言われるように、急な土砂降りでは対応できず、ウエアの中に水がしみ込んできて体が冷えて低体温症になりやすいです。

 レインウエアはお値段が高いですが、その分命を守ってくれるので自分の命を守るためには必要なものです。

 山での遭難事故は道迷いと低体温症がほとんどだそうで、実際にケチってレインウエアを買わずに薄手の撥水加工のウエアで凌いでいた人が、他の登山者に「死にたくなかったらレインウエアを買いなさい!」と怒られていましたよ!

 もちろん保温効果も高いので、雨が降っていなくても防寒着として使えます。

 

あれば尚いいもの!

 

★① 登山用ソックス

 普通のソックスに比べ、厚手で土踏まずをしっかりと固定してくれるので、簡単に脱げません。靴ずれもおきません!

 素材も速乾と保温と防臭を兼ねそろえているので、長く登山を続けたい人は買っておいた方がいいです!

 ちなみにこのショップ「arcoco」さんは山ガールファッション専門店で、カワイイのが多くてオススメです!

 

★② 吸水速乾の肌着

 一番肌に触れる肌着にTシャツがほとんどですが、綿素材は避けた方がいいです。

 汗が乾くと急激に寒くなり、綿は汗が乾きにくいので冷んやりして風邪を引きやすくなります。

 吸水速乾なら通気性がいいので汗がすぐ乾き、ずっとサラサラで心地いいです。

 ユニクロなどの安く購入できるお店のもので十分使えます。

 

★③ トレッキングポール

 ご年配の人やあまり体力のない人が使っているイメージですが、ハードな山でなくても長時間歩くときに体力温存するのにとても役立ちます。

 私は登山を始めたときにこちらを購入し、放り投げたりもたれかかったりと雑に扱っても、傷だらけですが3年は壊れずに持ってくれています!

 雪山用スノーバケットなどの付属品も付いていて、安いのにタフなのでオススメです!!

 

★④ ヘッドライト

 秋や冬になると日照時間が短くなる上に、森の中では光が木に遮られて16時には暗くなるので秋や冬には必須の持ち物です。

 私が使っているのは、以前いたサークルで教えてもらった東京消防庁も使用しているメーカーで、LEDライト使用のためもんのすごーく明るいです!そんないいものならお高いんじゃないの?と思ったら・・・実はすごくお手頃価格なんです!しかもカワイイ!!

 ジェントスで他にもカッコイイタイプのものがあるので、男性でも使っている人が多いです!

GENTOS ジェントス LEDヘッドライト cue

GENTOS ジェントス LEDヘッドライト cue
価格:1,780円(税込、送料別)

 

★⑤ サポートタイツ

 歩行中に足腰がぶれないように支えるために作られたタイツです。

 これを履くと筋肉痛がひどくならないとか言われています。

 私はこれを履いて富士山に登りましたが、まったく運動しないのに筋肉痛がひどくならなかったのはこのタイツのおかげだと思っています。

 写真は女性用ですが、男性用もあります!

 

 


 

【持ち物】

服装山登り

★水かスポーツドリンク

 私は両方とも500mlのペットボトルを凍らせて持って行ってます。

 たまに途中で自販機があり購入できますが高い!だけど2Lも持って行くなら体力的なことを考えて買った方がいいです。

★帽子と日焼け止め

 これは必要な人だけでいいと思います。

★携帯電話・スマートフォン

 持って行かない人は少ないと思いますが・・・連絡を取るためと、GPS機能があるので役立ちます。

★タオル

 汗拭きにも使いますが、口を覆ってホコリを防いだり、日よけにもなります。

★ゴミ袋

 ゴミを持ち帰るためでもありますが、遭難時にゴミ袋を被ると寒さ対策になるのです!

★着替え

 登山中は汗をかくので替えのTシャツなどを用意しておくと、登山後の懇親会や帰りの電車など汗を気にせずいられます。

 私はインナーとタイツを脱げば私服になるような格好で登り、荷物を減らしています!

★レジャーシート

 ベンチやテーブルがあるところを探してお昼ご飯を食べる場所にしていますが、混雑でベンチが埋まっているときや、雨でベンチが濡れていて座れないときがあるので、レジャーシートがあると重宝します!

★歩きながら食べられるお菓子など行動食

 登山中に食べられるチョコや個別包装のお菓子だと、すぐに食べられて便利です。

★常備薬など

 靴ずれしたとき用にバンドエイドや消毒が入った救急セットがあれば尚いいです。100円ショップにあります。

 

あとは登山する山によって、ヘッドライトやトレッキングポールなどこちらから指定することがありますが、基本は日帰りなのでそんなに持ち物はいらないです。

 

 

 

 

Home

 


Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/